FC2ブログ

人生は究極の絶叫マシン

国内外老若男女構いません。絶叫系アトラクションメインですが、日常生活全般何でも語りましょ👍Twitterと連携してまして画像はTwitterを拝見下さい。尚、荒らしや他人への誹謗中傷は厳禁です。見つけ次第対処させて頂きます。

TExpressの魅力はこれ①🎢

TExpressの魅力はこれ①🎢

韓国エバーランド行って来ました。TExpress‼️めちゃくちゃ楽しくてそれでいてスリリングな奴でした😅何から話したらよいのやら。。もうこいつの虜になってしまった。

アメリカ経験の無い個人的な感想で申し訳ないんですが、今回念願のTExpressに乗ってみて、まずはこいつのとんでもないファーストドロップの底力に驚いちゃって、またバカみたいに浮くセカンドも辛口だねぇ👌そして最後までエアタイムが持続していくスリルと楽しさを兼ね備えたコースターであると言う印象でした🎢

TExpressはインタミン社製の木製コースターって、これほんとに木製なんすか?ホワイトキャニオン、ホワイトサイクロン、レジーナ、とか木製の振動とかあの度を越した揺れやめてー‼️って思ってた方々、そんな心配ご無用でございます。多少のガタガタ微細な振動は木製である以上は感じますけど(木製だから仕方ないお許し下さい)度を超えたようなやめてほしい振動は皆無です。富士急のド・ドドンパの振動の方を早くなんとかして欲しい!!って思える程、比べると雲泥の差でしょう。

それにしてもあのとんでもファーストドロップは何すか?😅ちょっとやり過ぎじゃない?エバーランドさん 笑

嗚呼。。そう言えば遥か昔に乗った那須ハイのビッグバーンコースターの超ファーストドロップを思い出した。それが更に高さも開放感もパワーアップして超サイヤ人2になっちゃってる感じと言うのかね、、あの巻き上げからファーストに差し掛かる直前の長めに取ったフラットゾーンでジワジワと加速しながら、ファーストに突入していく様はもう心拍数急上昇中でございます🙇Tさん凄いねあんた😅

最後尾(18列目)に乗ろうものならファーストは尋常じゃないくらい引き込まれちゃってさ、あの数秒の瞬間だけは凄すぎてどうも自分今なにしてるん?みたいに記憶が飛んでしまってあんまりよく覚えてないんですよね🤣🙇先頭ファーストでもそれなりのもので、真ん中ファーストでこんなに凄いの、そんなら最後尾ファーストはひたすらしがみついてうわーっっ‼️と雄叫びを上げていました 笑

何回乗ってもあのファーストドロップには恐れ入ります🙇

TExpressの最後尾味わってしまうともう国内のコースターのファーストドロップどれを取っても叶わないません。サンダードルフィン、スチールドラゴン2000、FUJIYAMA 、どれもファースト落ちてる時間はTExpressよりも長めかと思われますが、そのどれもTのファーストのあの車両が地上に叩き付けられるように落されるスリルにやっぱし歯が立たないと言うのが実感でしょうか。

TExpressファーストの座席のレベルは!!

先頭1列目
いや〜GREAT

真ん中より前寄り
うぉ〜HARD

真ん中
ぎゃ〜SUPERHARD

真ん中より後ろ寄り
うんぎゃ〜ULTRAHARD

最後尾18列目
断末魔雄叫び発生OH MY GOD!

個人的には真ん中かそれよりちょい後ろ寄りくらいがちょうど良し。


先頭であろうがどの席に乗ろうが最後まで浮きをしっかりと楽しめるんですよねー^_^
そこも実に魅力的。

超2ファーストからバカ浮きセカンドを抜けてから旋回走行に入る流れはなんだか例えようのないくらいのスリルと興奮と楽しさがあります。
ビッグバーンコースターを超サイヤ人2にしてから、カワセミの七味唐辛子を更にブレンドさせてるような感じですかね。

その後はブレイクタイムゾーンに差し掛かってからサードドロップに突入します。それから先もエアタイムから旋回走行の繰り返しで敷地内を行ったり来たりと長い時間エアタイムと旋回走行を楽しめちゃうんですよね。

なんだかTExpress乗りすぎたせいか、、ハリウッドドリームザライドやスチールドラゴンみたいにリラクゼーションに走って浮いてくれるのが恋しくなってしまった程です 笑

さてさてFUJIYAMAとTExpressどっちが凄い??か比べてみましょうかね。。

最後までやり尽くして乗り終えた時にしっかり満足感を得られるFUJIYAMA

ファーストの超スリルと最後までエアタイムでガッツリ楽しませるTExpress

どっちが楽しいか?
どっちも同じくらい楽しいコースターです。選べません。FUJIYAMA はコースバリエーションを最後まで存分に楽しめて、TExpressはエアタイムを最後まで存分に楽しめます。

じゃどっちが怖いの?
はい答えはTExpressです。何と言っても驚異のファーストドロップです。TExpressの約6割くらいがこのファーストのスリルで網羅されてしまっていると言っても過言ではありません。ただTさんは決して爽快なファーストドロップと言う印象は無く怖い威圧的なドロップと言う感じになります。全体的にも浮きの強さはTExpressが圧勝しています。あまりの凄さに乗り終えて放心状態になってしまう人や泣き出してしまう人も中には見かけました。

FUJIYAMAもKINGと言う名の通り凄いです。やり尽くしてくれます。79mからのファーストから始まりアグレッシブルなコースレイアウトで、終盤のサーフィンコースではブンブンと振り回してくれたりなど、怖いと感じる要素が充分にあります。

ただ、TExpressのファーストドロップが威圧的に凄いので、これを一度味わうとFUJIYAMA のファーストは長ーくて柔らかく気持ち良い癒しのものに感じる、不思議となっちゃうのよこれが!FUJIYAMAの方 が安心して乗れるかなあと思います。

最終的にはどっちも同じくらいオススメです。

あと驚いたのがTExpressってポケットや手荷物検査が意外とラフなんですよね。一昔前のFUJIYAMA やスチドラやサンドルみたいな感じで、眼鏡して乗ってる人もいたくらいでびっくりしました。今の富士急じゃまず考えられないか。必ず乗る前には手荷物類はロッカーに入れましょうね。


TExpress
絶叫好きなら是非乗るべきです。そしてあの驚異のファーストと終始絶えることのないエアタイムをぜひとも味わって楽しんで下さい。

絶叫が大嫌いな人は絶対に乗らないで下さい。あまりの凄さで乗った時の人体への負担もどうなってしまうか保証出来ませんので無理なさらずでお願いします。

こんなすげーコースターがお隣の韓国で乗れちゃうんですよ。これはとてもリーズナブルな事件だ!
20180611235833403.jpg

PageTop

ホワイトサイクロンのカリスマ性!

2019年

東海のレジェンドと言えるナガシマスパーランドのホワイトサイクロンが‼️‼️ついにハイブリッド🎢🎢大幅リニューアルを果たします(^^)高さも速さも旧ホワイトを上回るみたいで、これは興奮せずにはいられません😆

ナガシマさん、ここは是非ともトヨタのプリウスやホンダのフリードのような次世代機の最新ハイブリッド化にして下さい 笑

個人的にホワイトサイクロンは想い出深いアトラクでした。ナガシマと言ったら豪快で爽快なスチドラがメインですが、ホワイトサイクロンの綺麗で容姿堪能な白亜の美人様は一生忘れませんよ。容姿はスチドラよりもホワイトサイクロンが美人でイケメンです👍

RMCと呼ばれる木製のハイブリッドを手掛けるメーカーに委託するとの憶測だけど、いやーこれは血が騒ぎます。

個人的には

Kolmarden Swedenにある
Wildfire

とか

Six Flags Magic Mountainにある
Twisted Colossus

みたいなのに乗りたいからさ。

欲を言えばシックスフラッグスグレートアドベンチャーにあるエルトロを最低30%くらいでも体験出来るの作って下さい。

こんなのに近い体験出来てくれればナガシマさん月1で通います 笑

海外で乗られた方いらっしゃいますか?


自分、奈良ドリのASKAに乗れなかった事が未だに悔やんでも悔やみ切れませんでした。ちきしょー乗りたかったー

ASKAに乗られた方どうでしたか?
感想見てると乗りたかった。。
ほんと後悔です。

もうナガシマさんに期待するしかありませんね✌️

2019年のナガシマスパーランドはグレートハイブリッドコースターとスチールドラゴン2000で決まり🎢👍

2018051823214762d.jpg

PageTop

ド・ドドンパってマジで‼️

はいはーい!!ドドンパのリニューアルド・ドドンパです。

難しい事は伺いません。こいつはド速いんです。

スタートしてからわずか1.56秒で180km/h


なんすかこいつは😵

この爆発的加速💣💥
と言うか瞬間移動は‼️

あっと言う間にトンネル出口どす。。

かめはめ波より速いんす。

悟空が瞬間移動してる間にトンネル出口にいます。

こいつの加速は悟空を超えます👌

いやーこの加速力すげー。
今までこんな加速ありましたか❗️

こんな凄いの感動です😍

さてさて旧ドドンパと比べてみましょうか。

旧ドドンパ
1.8秒で時速172km/h

ド・ドドンパ
1.56秒で時速180km/h

まず旧機と比べて圧倒的な1番の違いは加速力です。

わたくしが投稿したド・ドドンパの動画Twitter見てもらえば一目瞭然です。

ただ、、残念な点もあります😢🎢

それは震度です。

あんなにスゲー加速あるのに

カーブからループにかけてガタガタ揺れる。

ループ登る時にGと振動でショルダーハーネスが、、、

我が身に食い込む食い込む。。

ループ回転時には我が身にぐぉぉーっと

プラスGも。。

ごめんなさい😢爽快とは言えません。


震度いくつでしょうか。。

振動無しで最後まで駆け抜けてくれれば

最高のコースターになったのになあ。。

カーブでは180km/hから減速して

多分130km/hくらいになってるだろう。

あんなハイスピードでガタガタガタガタ

揺れられたら問題だわ。

なんでドドンパのあの不快な振動は

いつまで何年経っても改善されんのかいな?


マジックマウンテンの

フルスロットルの方がよっぽど爽快に

走り抜けるんじゃないでしょうか?

まあまあそこら辺は

世界でもどこでも体験出来ない加速力を持つ

オンリーワンのド・ドドンパだから

ええじゃないか😅許せや‼️

PageTop

Twitterとの連携します!

何年もご無沙汰してました😅

私事で絶叫からもこのブログからも既に6年以上離れており
正直もう絶叫なんてどうでもいい、
完全に卒業
して絶叫界の事なんて全て忘れようと自分なりに頑張って、
頭の中から絶叫の事はようやく消えていて楽になっていたのも本音です。
家庭の事、仕事や周りの環境の事、自分自身の体調もほんとに悪かった事もあり
絶叫の無い6年間を過ごしてた。
この6年以上もの間にはおかげさま
2012年2月12日に
長年のタバコ人生と決別し
晴れてノンスモーカーになれました😆

しかしながら、6年以上経って今後の国内も目まぐるしく変化するみたいで
富士急、ナガシマ、USJなどには新型機やリニューアルの導入ありーの、
はたまた経営方針の見直しなども見込まれる模様です。

そんな中、、絶叫アトラクション
また乗りたい!

と再燃の衝動が心のほんのわずか襲ってきたんです。なんだろ。。

その矛先はリレーの選手第一等賞としてリニューアルされたド・ドドンパに足が向かい、
そう言えば昔は絶叫してたなあ。。と、この歳で再び絶叫に手を出してしまいました😅

6年間のブランク一発目はリニューアルされたド・ドドンパでした。

その後もFUJIYAMA、ええじゃないか、高飛車、レッドタワー、鉄骨番長、
と乗り、、やっぱりFUJIYAMAはすげー🎢楽しさ神級でした。

5月の平日なのに相変わらず人人人やね、
なんだか外国人観光客の方と学生さんがたくさーん
しばらく行かない間に富士急も入園ゲート含めなんかすげー様変わりしてません??
ええじゃないかは黒レールで暗黒ええじゃないか〜
黒色の塗料剥がれて赤色見えてる箇所ありましたけどね 笑

んでこの度、何年も放置してほこりまみれになった汚いこのブログを発見。
もう一度掘り起こしてよっこらせっと活用しよう!そして新たにTwitterとの連携をさせて頂きました。
絶叫アトラクションで感じた事など個人的にバシバシと書き込む記事のメインはこのブログで行い、
写真や動画のメインはTwitterにUPしていきたいと思います🎢

さてリニューアルされたド・ドドンパについてですが、
個人的に語りたい事も山程ある為、気長にゆっくり書き込んで行きたいと思います。

今後とも何卒よろしくお願いします。

PageTop

高飛車に富士急語ったりゃ


どんなもんかと、今回は富士急の高飛車さんに乗ってみた、個人的な感想をちょいと高飛車に書き込んでやろうか。

まず個人的に、高飛車さんに乗って、前作のええじゃないかに初めて乗った時の、あの衝撃的感動を超えるかな?と期待していたが、そこまではいかなかった。

盛り上がりも、ええじゃないかの時は、あれだけの総力使い過ぎたせいもあってか、今回は比較的静かというか何というか。。

メーカーは、ゲルシュトラウアー製のユーロファイターという機種らしく、建築段階で最初にこれを聞いて
何じゃ?って感じで聞き馴染み無かったのも事実。
でも乗ってみたい欲望MAXでした。

落下角度121度っていう、一般的に強烈なインパクトを、今回もギネス世界一に売り込み作戦。

迫力自体はFUJIYAMA、ええじゃないかと比べても、少々おとなしいっちゅうか、意外と怖くなくて楽しい!これならイケる!なんて声も多かったかなあ。

でもこの高飛車さん、イケる要素も納得に、他では味わえない珍しい事凝縮でやってくれたりして、わりと素敵なコースターだったりしたんです!

個人的には、乗車時間の短いドドンパよりは、はるかに面白いコースターだと思う。

高飛車さんで、特に気に入ったのが、最初の加速までの部分。

出発進行で暗闇、えっ?
これスペースマウンテン、マタドール、ゾーラ7?何もわからず初めて乗る人なんかはそう思うでしょ、これ!

室内でいきなりくるドロップの迫力もなかなか凄いぞ。室内コースターの中でもスリルある方でしょ

ハートラインロール、これ初めて味わったけど、ショルダーハーネスなのに、フワッとなるゼロG感覚。この浮きはいいなあ。

かるーくドロップして少し驚かせてからのスピードに、更にリニアの加速スピードをプラスさせて屋外へ飛び出ていく車体。この瞬間乗客から絶叫の声とともに一気にハイテンション。。
今までこんな展開のコースターありましたか?

気持ちいいねー!いやー最高です。

加速の強さはドドンパよりもザターンより下、シャトルループよりは上。それでいて、なんだかとってもリアリティー。

何げにあのリニアに来た時の、キューーンって音が気に入っている自分です。これから加速始まるぞって感じでカッコいいじゃん。

今思えば、リニアゲイルもこれに近い加速だったら良かったのになあ。。

加速してからのその後、中盤レイアウトが目まぐるしい回転系に様変り。

ひねられたり、コブラロールみたいなのがあったり。

ここんとこねー、今どういう箇所を通過してるのかが乗ってても、いまいちわからん状態なんだよなあ。

とにかくかかり続けるプラスG。頭にグわーっ!とのしかかってきて、ちょっとクラっときます。連続乗りしてると、この部分でちょいと気持ち悪さ感じて、やられてしまう。

バンデットやサーフコースターの水平ループ、あるいはヴィーナスの旋回ループとも感覚が違う、ギュンギュン押し迫ってくるような、何と言うか頭が多少ぼーっとしてしまうようなG。

まあムーンサルトスクランブルの時の、とんでもないGに比べたら屁でもないんで、プっっ、て感じでして

気持ち良くループ回ってるかと言われると、そんな気もしない。

高飛車さんのこの部分だと、ピレネーのが全然迫力あって爽快だと思う。 一つ一つが鮮明に迫り来る連続技。コブラロールなんかは身体がぐぉんぐぉんなって、思わずうぉーっと叫びそうに。。それなのに全身に風を切るようなあの爽快感。やっぱ乗り心地良いインバーテッド特有の楽しさかも

この部分の高飛車さんには、ピレネーのような良さは欠けてるような気もするけど、Gでやられてる中でも、一瞬だけフワッと身体が軽くなったりする部分もあるんで、それは珍しいなあと思わせてくれました。

でも乗ってる感覚は、例えるならカワセミに回転やひねりを加えてプラスG中心に動いてるような感覚、中盤終了部分なんかでは、これカワセミじゃん!って思わせてくれるキャメルバックがあったり。でもショルダーハーネスにさえぎられてしまって残念賞。

あと振動ですが、加速後のプラスGと格闘する中盤で多少のガタ付きは感じて、振動が全く無い完璧なコースターとは、言えないけども、
自分は差ほど気にはなりませんでした。

木製系のホワイトキャニオン、ホワイトサイクロン、などの振動のが、よっぽど揺れます。

乗り心地の良さは断然カワセミなんだけど、高飛車さんもそんなに悪くない。

走行音も、マフラー改造した爆音コースターとは程遠い、エコカー減税みたいにすげー静かで。

垂直タワーで激痛のドドンパと乗り比べたら、高飛車さんの乗り心地が、どんだけ良いものか実感させられる事でしよう。その差は乗ってみたら一目瞭然。

今回2012年1月15日(日)に、高飛車さんに初乗りしたんですが、4大コースターも低温でAM10時以降開始といった極寒富士急。もしかしたら冬と夏ではスピードや、ゆれ方など若干違うかもしれません。季節的なもの、気温等々もかなり関係してるのかな?

次乗りに行ったら、やばいかなり揺れる!なんて可能性も考えられるんで、そこら辺は頭に入れておいといて。


後半にはメインの121度のドロップ。そして空とレールしか見えない直角の巻き上げ、ここはウルトラツイスターを組み込んできた。

頂上から下りかけた所で、落ちるまで焦らす数秒間、これもまた他に無くいいですねー。乗客の恐怖心も見れたりするんで、かなり生かしてる感じ!

高所恐怖症のわたくしめには、とてもレアな感覚と言ってよかったような。

そんな時、初乗車のわたくしめは、やばいやばい、ビックバーンコースターのファーストより怖かったらどうしよう?そんな事を考えてました(笑)

でも実際落ちてみたら、なんて事ありません。これは楽しい!爽快で新感覚のドロップです。

怖さなら、FUJIYAMAのファーストの方がよっぽどスリリングでしょう。

121度を訴える見た目の恐怖感とは、乗ってみると対照的です。

これは表現するより実際乗ってみって。

落ちるだけならブルーフォールのが遥かに怖いと思うんで、ブルーフォールで泣きだしちゃった人も、高飛車さんで笑顔を取り戻してくれる事を信じて。。


高飛車さんみたいに、落ちる前に数秒の間を演出させてくれるのも新鮮で楽しいと思ったけど、やっぱし巻き上げてから、じわじわ加速しながらドロップに入るタイプの方が強烈かも。

サンダードルフィンやスチールドラゴンのような、大型機特有のドロップはもちろん凄いですが、ビックバーンコースターは大型機では無くても別格のモンスタードロップでした。

あとはタイタンの最後尾に乗ると巻き上げの途中なのに、一気に加速して落ちてくのにはびっくり。

他にもとしまえんのサイクロンとか、八景島のサーフコースター、西武園のループスクリューコースターとか、ドロップ前に助走させてるタイプは規模は小さくても、最初の一発勝負から強烈さを感じます。

あとはパルパルの四次元に乗ってみたいかなあ。

まあそんなこんなで高飛車さんのドロップもこれはこれで他では味わえない、新しくて楽しい感覚でした。

んで、落ちてからの後半部分。ここもさっきみたいな強烈なGにやられてしまうのかなあ?と思いきや、意外や意外!!

インメルマンやダイブループと言うらしいが、回転ひねりものを、負担が少なくて軽やかに走り抜けてくような感覚。

色々ひねられながらも、フワッとゼロG味わえたりで、キツいって感じはそれ程なくて、これはこれはほんと楽しいひととき。

後半は、さっきのカワセミ回転ひねりから一転、なんだかハリウッドドリームザライドに回転ひねりが加わって、性格が変わったような、柔らかい感覚にまたまた様変わり。

うーん、いいとこどりのような高飛車さん、大満足まではいかないにしても、個人的に面白い!!GOOD

さてさて
4大コースター集結して、人の流れもある程度は分散してくれるかな。

これならフジヤマがダウンしても、ドドンパ、ええじゃないか以外で、高飛車さんでも楽しめそうでした。

早くも気になるのがお次の大型コースター祭り。今の富士急だと、もう大型入れる敷地が限界っぽい。何かを潰せば可能だろうけど、次はいったいどうする?

まさかまさかなんだけど、大型の中で一発目のフジヤマが犠牲マシンになったりせん?個人的に思い入れが一番強いコースターでもあるんで、残してもらって、5大コースター集結にしてくれよ。って敷地確保出来ないかなあ?

でもなんとなーくだけど、怪しいにおいがするのは自分だけかい??

仮にもしそうなってしまったとしたら、リニューアルで次世代キャメルに大幅スケールアップとか、とことんやってもらいたいけど、そうなるとトーゴの傑作が姿を消す事に、、悲しいなあ。。

それだとフジヤマスペースと第一駐車場とかも、ふんだんに使っちゃったり?次は原点復帰でそんな事やっちゃう?


かつてのジャイアントコースターのとてつもない騒音問題も、フジヤマと入れ替わった事で解決され、フジヤマは一躍有名と言うか、富士急が大型ライドパーク形式に、一気に方向転換された瞬間のようなものだったし。

富士急は、古物→新物への転換早いし、それにギネスにこだわる。

当初フジヤマも、オープン前の段階で、走行距離をもう数百メートル程長くする予定だったのを断念した。って話しを聞いた事あります。

今度は、走行距離でも稼ぎますか!?

だったら3km超しましょうよ(笑)

ってなのは個人的妄想にしておいて、っと

うーん、、まだ早いんだけど、妄想は果てしない。。

PageTop