FC2ブログ

人生は究極の絶叫マシン

国内外老若男女構いません。絶叫系アトラクションメインですが、日常生活全般何でも語りましょ👍Twitterと連携してまして画像はTwitterを拝見下さい。尚、荒らしや他人への誹謗中傷は厳禁です。見つけ次第対処させて頂きます。

富士急3大コースター特集その2

NEC_0115.jpg


②ドドンパ編(圧倒的な加速を堪能せよ!)

WORLD BUCCHIGIRI COASTER「ドドンパ」

スペック
開業 2001年12月
製造 S&S Power
総費用 30億円
最高時速 172km
スタートから172kmに到達するまでの時間 1,8秒(世界一)
垂直タワー高さ 52m
全長 1189m
上昇、落下角度 90度
乗車時間 60秒

当初2001年7月オープンを予定してましたが、駆動装置の不具合により、5ヶ月の延期で2001年12月オープンとなりました。
FUJIYAMAみたいな、高所から落とすタイプとは違い、スタートから圧縮空気の駆動装置により車両を一気に加速させるという(エアーランチ方式)タイプのコースターです。

最高時速172kmは、当時世界最速としてギネスに認定されましたが、その後アメリカのコースターにあっさりと記録を抜かれてしまったのです。しかしスタートしてから1,8秒で172kmに到達するという瞬間的な加速の記録は、いまだに世界一の座を保持しています。

◎最初の加速は、まさに瞬間移動!
なんと言ってもドドンパの魅力は最初の加速です。
駅舎内でも流れる独特のドッ、ドッン、パッの洗脳音楽が列が進むにつれて速くなっていきます。
まずは自分が乗ったライドがトンネルの発射台にゆっくり進みます。そして「モンスタート3、2、1、ドドンパ~」のカウントとともに一気に加速し、あっという間に172kmのスピードに到達します。(わたくしは最初のカウントの時からハンズアップしちゃいます。その時自分にかかる風圧に両手が押し流されないように注意するのがポイントです。)長いトンネルの中から、一瞬のうちにトンネル外まで放り出される加速感はまさに瞬間移動しているかのような感覚を味わえます。
「ドドンパ」では最前列で感じる加速感が最高です。ただ座席の指定が出来ない富士急のコースターとしては、運に任せるしかないと思いますが。

172kmのスピードに到達した後は、直線を真っ直ぐ突き進んで、ゼロGフォールと呼ばれるちょっとした下り坂を駆け抜け、74度のバンクカーブを曲がり、52mの垂直タワーを垂直上昇、垂直降下します。ここを抜ければもう安心。とにかくあっと言う間に終わってしまうコースターで、1分の乗車時間ですが、実際には30秒程度がメインです。

◎ドドンパの恐怖感って!?
よく「FUJIYAMAは怖いけど、ドドンパは楽しい!!」と言う声を聞きます。FUJIYAMAみたいにジェットコースター特有の落下感や浮遊感は差ほど感じない分、スピードが強調されてるマシンです。そういった意味では落下感や浮遊感が苦手な方でも楽しめると思います。とにかく最初の加速のインパクトが強過ぎる分、その後の垂直タワーでの落下感をほとんど感じなくなってしまうのです。

苦手な方がドドンパに乗ったら、「最初の加速の快感にハマり、絶叫マシンに目覚めた!」という話しも聞くので、最初の加速が過ぎれば後は流れにまかせて楽しんでしまいましょう。

◎ドドンパの問題点
一つは「回転率の悪さ」が挙げられます。一車両に8人しか乗れない構成になったいる為、並んでいてもなかなか進んで行かないという効率の悪さがあります。それにより待ち時間が長くなってしまうのが残念なところです。

もう一つは、「昔に比べて振動が極端に激しくなってきている」と言う事です。
74度のバンクカーブ走行時には、車体がガタガタと音を立てる程の振動を感じます。垂直タワー上昇時には体に強い衝撃が走ります。ドドンパが出来て1、2年の頃は乗り心地も今より格段に良く、とても爽快な感覚を味わえたので、何度も乗りたいと感じたほどです。その点がとても残念に感じます。

最後に
「FUJIYAMA」と比べても乗車時間が短いため、もう終わり!?と感じてしまうのですが、スタートする時の緊張感は何回乗ってもたまりません。「ドドンパの圧倒的な瞬間移動加速感」は、世界の加速コースターを代表するものになっています。自分の体で楽しんでみるのが一番だと思いますね。

次回はええじゃないかをUPしたいと思います。

PageTop

富士急3大コースター特集その1

NEC_0116.jpg



①FUJIYAMA編(3分36秒間を堪能せよ!)

King of coasters「FUJIYAMA」
スペック
開業 1996年7月
製造 トーゴ
総費用 30億円
高さ 79m
落差 70m
巻き上げ高さ 71,5m
最高速度 130km
全長 2045m
ファーストドロップ落下角度 65度
乗車時間 3分36秒

1996年当時、高さ、落差、速さ、巻き上げ高さでギネスブックに認定されたキング・オブ・コースターです。

回転やひねりなど無く、ひたすら急降下、急上昇、旋回などを繰り返すキャメルバック型と呼ばれる大型のジェットコースター。
その走りは今となっても絶叫ファンを魅了している素晴らしいものを感じます。

かつて富士急に存在していた、往年の大コースター「ジャイアントコースター」の楽しさ、スタイルをそのまま受け継ぎながら、スケールを遥かに大型化させ、コースターの原点に戻り「スリルと爽快感」「満足度」を徹底した上で「キング・オブ・コースター FUJIYAMA」として誕生させたのです。

当時世界一のジェットコースターが富士急に出来るという情報は瞬く間に広がっていき、それと同時に、さよならジャイアントコースター!という看板が立っていたのを覚えています。

当時FUJIYAMAは、世界一のジェットコースターOPEN、見よ、この比類なきスケールを!といったようなフレーズが印象的でしたね。

その主な内容として、圧倒的な浮遊感を押し出した前半、スピードを保ちながらも急降下、急上昇を繰り返す中盤、波に乗った勢いで荒れ狂う後半、とコースレイアウトが爽快、かつとてもドラマチックな造りになっているんです。

世界にはジェットコースターは数あれど、これ程充実した満足度を得られるものは、他にそうそうに無いと言って良いほどの感動を与えてくれます。最初から最後のブレーキがかかるまで最高に楽しめるコースターなので、一押しですね。

ファーストドロップも充分な浮遊感を味わえる他、コース中盤での落下した勢いで体が右下に思いっきり傾いて、地面スレスレを突っ走る0カントカーブを駆け抜けてから、FUJIYAMAのとどめとも言える「サーフィンコース」で体が右へ左へと跳ね上がり続け、ゴール地点でのブレーキゾーンでは、体が浮きながら終了する!というエレメントはまさに「キング」の名に相応しいコースターです。

◎FUJIYAMAはこう楽しめ!
絶叫系が好きで、FUJIYAMAでハンズアップ(バンザイ)をしてる人もいると思いますが、そんな人にここで楽しみ方のポイントです。

FUJIYAMAに慣れてきたら、ファーストドロップで両手を上げると共に、両足も床から少し離してみましょう。両方バンザイする事で、「浮遊感+車両から放りだされそうな感覚」が体感できます。
ただハンズアップするのと、これをするのとではスリルが全く違ってきます。自分も少しFUJIYAMAブランクがあってから、久々に乗った時にファーストドロップでこれをやると凄まじい開放感とスリルに圧倒してしまいます。富士急のコースターは座席の指定が出来ませんが、FUJIYAMA最後尾の席で、両手バンザイしながら、両足も浮かせてみると凄いスリルが味わえますよ。

ただ、現地着いて一発目に最後尾に当たってしまうと、ファーストの引きずり込まれる迫力があまりに凄くて耐えられんかも!と感じる時があるので、自分はあえて様子見をとってやりません(笑)
ファースト過ぎてしまえばいいんですがね

なので、ほんと最後尾は落ちる直前までが、こんなにも緊張感あるのかと思い知らされます。物足りない先頭とは全くもっての大違いです。まあこれが最後尾の醍醐味なんですけどね。

◎FUJIYAMAの恐怖感って!?
絶叫系が苦手な人から見ると、FUJIYAMAは相当な恐怖のマシンに感じると思います。ジェットコースターが一番怖いと感じる要素は、落ちる時、体が引きずり込まれる感じをうけて「フワッ」と浮遊する感覚なんです。座席の位置によっても乗車感覚も全く変わってきます。FUJIYAMAでは一番怖いのは即答で最後尾です。

最前列はコースの流れがつかめてしまうので、それほど恐怖感は感じません。ただ自分が乗ってる先には誰もいないっていう事から、風圧をもろに受ける事になります。

もし本当に絶叫系が駄目だという人は、FUJIYAMAは地獄のマシンになってしまう為、無理に乗らない方が無難かと思います。

最後に
「FUJIYAMAから絶叫マシンに目覚めた」という人もいるのではないでしょうか?富士急3大コースターの中では、一番乗車時間が長くて落下感を味わえます。富士急ハイランドの看板的マシンはFUJIYAMAでしょうか!

次回はドドンパをUPしたいと思います。

PageTop

人生は多種多様

初記事になります。

mixiもやってるんですけど、個人的にブログをやってみたかったので..

人生って置き換えれば 「山あり」「谷あり」のジェットコースターだと思いませんか?

喜びあり、怒りあり、哀しみあり、楽しみあり、人によっても喜怒哀楽が多種多様ですよね。

どうせ一度きりの人生なんだから、趣味を堪能したり、楽しい事、つらい事を共に分かち合いたい!そんな何気ない事や、日々の出来事や過去の体験談など、様々な事をUPしていきたいと思います。

そんな中でも自分は絶叫マシンが大好きです!

国内では富士急ハイランドが最高です!
お気に入りの「FUJIYAMA」には今までの通算でいくと、もう100回以上乗車しています!何度乗っても満足度が充実している素晴らしいコースターです。

2001年12月には、加速タイプのブッチギリコースター「ドドンパ」が登場したんです。

そして2006年7月にオープンした、「極めつけ」とも言える次世代型の革命コースター、その名も「ええじゃないか」が登場して、あの新鮮味あるスリルを味わってからは、より一層絶叫マシンへの興奮度が高まりました。

富士急以外でも、長島スパーランドの「スチールドラゴン2000」や、東京ドームシティの「サンダードルフィン」など大型コースターなどで国内も絶叫マシンの活気があるんです。

これらコースターに乗りまくる自分にとっては、今では目線がアメリカに向いています。海外の絶叫テーマパークに行きたくて仕方ないっすよ。もはやわたくしの中では絶叫マシンに乗らない人生など考えられなくなっています。

そんなこんなで少しずつではありますが、絶叫マシンについてもUPしていきたいと思います。FUJIYAMAより富士山

PageTop