FC2ブログ

人生は究極の絶叫マシン

国内外老若男女構いません。絶叫系アトラクションメインですが、日常生活全般何でも語りましょ👍Twitterと連携してまして画像はTwitterを拝見下さい。尚、荒らしや他人への誹謗中傷は厳禁です。見つけ次第対処させて頂きます。

絶叫マシン特集その12

NEC_0209.jpg

ナガシマスパーランド

ホワイトサイクロン編(木製の魅力を堪能せよ!)

木製コースター 「ホワイトサイクロン」

スペック
開業 1994年 3月20日
製造 Intamin Japan
高さ 45,5m
最高時速 102km
全長 1715m
落下角度 50度
(2007年 5月8日~6月6日 走路の補修作業を実施との事)

1994年 3月に西日本に巨大な造形美の木製コースターがオープンしました。それがこのホワイトサイクロンでございます。特徴として、スチールドラゴンの豪快さ、快適さのスペックや乗り心地とは違って、木製特有のきしみや、振動が加わる事により、独特なスリルを増幅させているコースターです。

国内の木製コースター、ジュピター、ホワイトキャニオン、今は無きASKA、レジーナ、エルフ、の中でも走行距離が長くて、スケールが大きい木製です。一時、あまりの振動の凄さで乗客を苦しめた程の手強い木製コースターでもあります。

◎アップダウンと渦巻き走行を乗りこなせ
ホワイトサイクロンはファーストドロップから、円形状に渦を巻いたような渦巻きコースをぬけ、再びアップダウン、渦巻きコースというコンビネーションが特徴でありながら、走行中に木製特有の振動も加わります。個人的には、渦巻きの部分を減らして、うねるようなアップダウンや、直線からいきなりゼロカントカーブに入るような造りで疾走感を盛り込んでいれば、もっと素晴らしい木製コースターになったんだろうな!!と思います。

◎ホワイトサイクロンの恐怖感と振動について!
そうですね~。渦巻きコースをじわじわと走ったり、アップダウン、それに走行中に木製特有の振動が体全体に響きます。こういった点からみても、スリル性が国内の木製の中でダントツだと思います。なので、絶叫系が苦手な方からみると、恐ろしいコースターに感じると思います。

逆にコースターが好きで、好きで、乗り込んでいるような人からホワイトサイクロンを評価すると、少々荒っぽい振動が体にかかって、爽快さが薄れてしまうのが残念に感じてしまう事もあります。自分的にオープン当初から何度か乗ってみましたが、時間が経つごとに、その振動の激しさが増してきており、特に最近のホワイトサイクロンはちょっと、度を越している感じもうけました。mixiの絶叫好きの方の中で、ホワイトサイクロンに乗る時は、「低反発クッションを付けて乗りたいくらい」という声もあった程です。

あと振動の強弱は座席の乗る位置によって、大きく違う事が最近行った時に乗ってみて判りました。(これは走路補修前に乗った時に感じた事です)

◎前よりの座席・・・振動が少なかった。木製特有のものはあるが、特に不快に感じる振動ではなかったのでとても楽しめた。

◎後方の座席・・・振動がほんとに激しい。体にガツンガツンと衝撃が走り、ハンズアップがなかなか出来ない程。

ただ、2006年5月8日~6月6日までの走路の補修作業によって、度を越したような振動が改善されるのではないか!?と思います。

◎最後に
鉄製のスチールドラゴン、木製のホワイトサイクロン、
とナガスパの看板的コースターに一度乗ってみて違いを体で感じてみると、面白いです。特にホワイトサイクロンの全体を白一色で包んだ壮大な外観の美しさは観ているだけでも、迫力を感じます。

PageTop